Calchart(キャルチャート)の基本 Grid(グリッド)編

CALchart(キャルチャート)の見方

キャルチャートの基本はグリッドにあります。全てはこのグリッドを仮定して作成しています。

次のトレード場を想像して、想像した通りの動きになった時エントリーするという手法です。

ランダムに動く価格(値動き)を予想することは不可能という前提が紛れもなく現実には存在します。予想することは不可能で有ることが解ったうえで、次のトレード場を想像することがトレードだと考えています。

想像するということは仮定を立てるということです。想像することは不可能であるので、あくまで仮定に過ぎません。仮定を立てる為に作り出した道具がキャルチャートであり、グリッドです。

数か月の時間を一つの単位のグリッドとして設定(仮定)しています。

最小単位のグリッドには、グリッド内を上下に区別するラインが存在します。

大きなグリッドには、均一かつ水平に引いたラインが存在します。

このグリッドをMT4上にトレースしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました