キャルテンポチャート の見方 (CalTenpoCart)

CALchart(キャルチャート)の見方

チャートにラインを引く目的を次のように定めています。

①価格の位置を確定するために視覚的に表す。

②流れをラインという線によって視覚的に表す。

③相場をコントロールしているラインを想像し確定する準備のために表す。

時間的に価格の位置を知るために、テンポチャートという概念でチャートを捉えることにしています。

テンポチャートも 次のトレード場を想像 するための、仮定の産物です。基本として仮定したセンターラインに対してどの位置にあるか、どこまで動くか、という指標として利用します。

先週のポンドドルは急騰してセンターラインが代替わりしました。基準としていたセンターラインに対してレジスタンス2・3ラインを上抜けしました。そこでレジスタンスラインが今度はターニングセンターラインに変わりました。

1.2995ドルがレジスタンスからターニングセンターという価格(レート)に変えてチャートをみていくのがテンポチャートです。

価格の位置を視覚的に表す ために、MT4上に4種類の色分けした帯(ミドリ・アカ・アオ・スペースバンド)で表示しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました