Calchart(キャルチャート)の基本 レンジレベル(RengeLevel)編

CALchart(キャルチャート)の見方

キャルチャートの基本はグリッドにあります。全てはこのグリッドを仮定し、アレンジして各種の指標を作成しています。 レンジレベルはグリッドに対して単純に引いた規則的な線です。

トレードの参考にする価格、つまり結果として相場をコントロールしたり、左右する価格になった場合に次のトレード場を想像するために参考とします。

レンジレベルには大きなグリッドと最小単位のグリッド(グリッドセンターライン(GridCenterLine))を基準に2種類あります。

大きなグリッドを基準に引いた線には、グリッドアップライン(GridUpLine)とグリッドダウンライン(GridDownLine)の2種類があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました