キャルチャートとは何?

キャルチャート(Calchart) は相場観を身に着ける道具(ツール)です。

相場観を身に付ける・・・目的はトレードで勝ちたい、儲けたいからです。

トレードで勝つ、儲ける為には相場観を身につけなければならないという考え方です。

表面的に言葉にすると、インディケーターを使ったトレード手法を身に着けてもトレードを続けることは出来ないという考え方です。

インディケーターの代表格である移動平均線を相場観を身に着ける道具として使いましょう。という考え方です。

相場を考える上で、相場にはランダムに動く価格(値動き)を予想することは不可能とい大前提が存在していると考えています。

予想することは不可能で有ることが解ったうえで、予想しなければトレードは存在しなのですから、未来を想像するしかありません。

想像するということを言葉にすると、仮定を立てるということです。

トレードとは、キャルチャート(Calchart) や移動平均線を道具として使って未来の仮定を立て、最後に身に着けた相場観で判断する。その判断によって、待つか、買うか、売るかのトレード行為を行うことです。

勝つこと、儲けることが目的なので、 最後に判断を下す 、結果として勝つ・儲ける相場観を身に着けることが一番重要という考え方です。

相場観を身に着ける為には、

① 相場感(ホップ) ⇒ 相場勘(ステップ) ⇒ 相場観(ジャンプ) の順番にスキルアップが必要

②相場を判断する為には道具が必要

③スキルアップ段階ごとに具体的数字・レート、指標値を決めることが必要

この3点をいつも心の片隅に置いて考えればきっとうまくいきます。

視覚的にチャート上に示すことで 、この3点を身に着ける道具として開発したのがキャルチャート(Calchart)です。

キャルチャート(Calchart) は時間足にこだわらない指標であることです。1時間足を基準に作成していますが、1分足から月足まで対応することが出来ます。そして、銘柄ごとに縮尺を変えていますので、同じ形(パターン・図形)を採用していても視覚的に相対性の判断が容易に出来ます。

一般のチャートでは、チャートの時間或いはチャート自体の表示する大きさによって自動的に縮尺が変わってしまい、同じ時間軸・同じ大きさでチャートを出していても、一目で銘柄のボラティリティを相対的に判断することは容易ではありません。

スケールを固定にしてチャートを表示させる方法を取ることも出来ますが、価格の変化に対して手動でチャートを動かさなければならないので実用的ではありません。

相場観を養うには相対的に価格や流れ・動き・範囲を捉えることが重要だと考えています。。

全く初心者の人でも直ぐに始められるリスク金融商品はFXです。そして、初心者にベストな金融商品もFXです。最初は株式を経験しました。ハイリターンを狙って商品先物取引も経験しました。元銀行員なので一通り経験しました。経験した上で一番個人トレードの公平(フェア)な商品はFXです。

全く知識が無くても、初心者でも、そしていつでもFXトレードは出来ます。

だが、しかし、こんな知識が無ければ負けますよ!なんてことは言いません。何故かっていうとFXは一番フェアな相場です。フェアな相場なので、誰でも取引(トレード)が24時間いつでも出来ます。

そして、相場観の3点の心得を 心の片隅に置いて考えればきっとうまくいきます。

簡単な事例で説明します。簡単といっても単語の意味が初めての人が理解することは容易ではないでしょう。

上記 ③の通り、スキルアップ段階ごとに具体的数字・レート、指標値を決めることが必要 ・・・なので、解る範囲で読み進めて下さい。

下のユーロスイスのチャートには、移動平均線・エンベローブ・ボリンジャーバンド・ フィボナッチトレースメント・ウィリアムズパーセントレンジ の事後指標(道具の5品)を表示させています。

最初に紹介するEURUSDユーロスイス週足チャートは、個人トレーダーにとって特別必要なチャートではありません。

何故なら週足チャートでトレードしているのは、アナリストが分析した大きな額を扱うファンドなどのトレーダーが参考にするチャートだからです。

しかし、仮に道具によって事前にインディケーターを表示させていれば、年間でトレードすることも可能です。

チャート上の直近高値は2018年4月15日で現在2019年10月9日なので1年と6か月の期間を要しています。

EURUSDユーロスイス週足チャート

FXは 、誰でもいつでもどこでも、出来ると断言していますので当然週足チャートでも誰でもいつでもどこでも取引が出来きるハズです。

相場感(ホップ)・・・急落したところまで戻ったので、そろそろ下がるだろうという感じで売り(ショートポジション)を持つことが出来ます。道具は高値レートと安値レートです。

相場勘(ステップ) ・・・エンベローブ(①偏差2.10%)を超えて、急落したところまで戻ったので、エンベローブ②までのリスクを覚悟して 売り(ショートポジション)を持つことが出来ます。道具は 高値レート とエンベローブです。

相場観(ジャンプ) ・・・スイスにおける金融政策(ファンダメンタル)の知識という道具、フィボナッチの考え方・知識、その他の道具を駆使して 売り(ショートポジション)を持つことが出来ます。

EURUSDユーロスイス週足エンベローブ②の設定

EURUSDユーロスイス日足チャート
EURUSDユーロスイス4時間足チャート
EURUSDユーロスイス1時間足チャート
EURUSDユーロスイス15分足チャート

ここまで1銘柄(ユーロスイス:EURCHF)のチャートを例にして簡単に説明しました。

MT4チャート上でトレンドラインやエントリー&エグジットの位置・時間、ポイントレートなどを視覚的に表しているはずのインディケーター( 事後指標:道具の5品) が、いかに

CALthart(キャルチャート)の見方

チャートで一番重要なのは水平線を引く事という意見が多いですが、キャルチャートでは参考或いは目安という位置づけです。

水平ポイントレート/

レンジレベル

流れ線 とは何?

流れ線は相場を想像するツールです。
相場にはあらゆる強さ、角度の流れが渦巻いていると考えられています。
そこで、その得体の知れないものを具現化する為に、自分なりに自分の法則に基づいて描いたものが流れ線の正体です。

タイトルとURLをコピーしました